全50作品。大阪が舞台の映画ランキング

  1. 泥の河

    泥の河
    評価:S4.21
    大阪安治川河口を舞台に、河っぷちの食堂に住む少年と、対岸に繋がれた廓舟の姉弟との出会いと別れを描く。第十三回太宰治賞を受賞した宮本輝の同名の小説を映画化したもので、脚本は人気TVシリーズ「金八先生」の重森孝子、監督は浦山桐郎監督に師事し、これが第一回作品となる小栗康平、撮影は「泣く女」の安藤庄平がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台

    ネット上の声

    テーマパークの泥の河
    白黒の原風景
    製作年:1981
    製作国:日本
    監督:小栗康平
    主演:田村高廣
    1
  2. 大阪ハムレット

    大阪ハムレット
    評価:A4.11
    朗らかな母親の房子(松坂慶子)と3人の息子、死んだ父親の弟を名乗る叔父が共に暮らす久保家。年上の彼女に「わたしのお父ちゃんになって」と言われて戸惑う長男、次男はシェイクスピアの「ハムレット」のような家庭環境に悩み、女の子になりたい小学生の三男……。それぞれに深刻な悩みを抱えた三兄弟は、不器用ながらも前向きに生きていく。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台

    ネット上の声

    小さくしあわせ。
    生きてるだけで。
    たくましく生きよう。
    どないしたん? なんかあったん?
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:光石富士朗
    主演:松坂慶子
    2
  3. ごめん

    ごめん
    評価:A4.06
    性に目覚めた12歳の少年の恋と成長を描いた青春コメディ。監督は「非・バランス」の冨樫森。ひこ・田中による同名小説を基に、「ピカレスク 人間失格」の山田耕大が脚色。撮影を「コンセント CONCENT」の上野彰吾が担当している。主演は、「本日またまた休診なり」の久野雅弘と新人の櫻谷由貴花。第76回本誌日本映画ベスト・テン第7位、第24回ヨコハマ映画祭日本映画ベストテン第6位、最優秀新人賞(久野雅弘、櫻谷由貴花)受賞、日本芸術文化振興会映画芸術振興事業作品。スーパー16ミリからのブローアップ。

    青春、恋愛、大阪が舞台

    ネット上の声

    60点 昭和テイストMAXな 汁漏れだんし小学生ものがたり
    関西弁がかわいい!
    ほのぼの・ちょっとドキドキ~♪
    甘酸っぱい初恋♪
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:冨樫森
    主演:久野雅弘
    3
  4. ありがとう

    ありがとう
    評価:A3.98
    1995年1月17日未明、阪神・淡路大震災が発生、神戸市内でカメラ店を営んでいた古市忠夫(赤井英和)は、友も家も財産も失ってしまう。忠夫は町の復興のためにボランティアに奔走するが、ある日、震災を免れた自分のゴルフバッグに出会う。奇跡を感じた忠夫は、60歳を前にゴルフのプロテストへ挑戦することを決意する。

    ヒューマンドラマ、実話、大阪が舞台、夫婦

    ネット上の声

    赤井のキャラ
    本当のこと
    立ち直った神戸を観てみたい
    まあまあ良い。
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:万田邦敏
    主演:赤井英和
    4
  5. 阪急電車 片道15分の奇跡

    阪急電車 片道15分の奇跡
    評価:A3.94
    阪急今津線の車両内。白いドレスを着て結婚式の引き出物を抱えた女性(中谷美紀)に、見知らぬ老女が声を掛ける。一方、暴れる彼氏を前に動揺する若い女性(戸田恵梨香)。降りる彼を追う彼女にもまた、老女が声を掛けるのだった。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台

    ネット上の声

    ちょっとホロリちょっと笑い
    思い出の阪急電車・・・長文です
    線路も人生も続く。
    やっと出会えた今年の暫定1位。
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:三宅喜重
    主演:中谷美紀
    5
  6. 名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)

    名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)
    評価:A3.93
    古都・京都を舞台に、盗まれた仏像と連続殺人事件の謎に少年探偵・コナンが挑む長編アニメーション・シリーズの第7作。監督は「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」のこだま兼嗣。青山剛昌による原作を下敷きに、「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」の古内一成が脚本を執筆。撮影監督に「~ベイカー街の亡霊」の野村隆があたっている。声の出演に「~ベイカー街の亡霊」の高山みなみ。

    アニメ、大阪が舞台、名探偵コナン

    ネット上の声

    勉強になります♪
    コナンかっこいい
    劇場版第7弾は、京都が、舞台
    おもしろくない
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:こだま兼嗣
    主演:高山みなみ
    6
  7. 名探偵コナン 世紀末の魔術師

    名探偵コナン 世紀末の魔術師
    評価:A3.92
    ロマノフ王朝の財宝を巡って繰り広げられる謎解きと殺人事件に、おなじみ少年探偵・コナンが挑むミステリー・アニメーションのシリーズ第3弾。監督は前作「名探偵コナン 14番目の標的」に続いてこだま兼嗣があたっている他、脚本も青山剛昌による原作キャラクターを基に前作に引き続きの古内一成が執筆。撮影も前作と同じく野村隆が担当している。声の出演に高山みなみ。

    アニメ、大阪が舞台、名探偵コナン

    ネット上の声

    怪盗が、”快盗”であるお話
    平次にキッド
    怪盗キッドが、キザでマジでカッコいい
    コナン好き
    製作年:1999
    製作国:日本
    監督:こだま兼嗣
    主演:高山みなみ
    7
  8. ココニイルコト

    ココニイルコト
    評価:A3.88
    心傷ついたOLが、一風変わった青年との出会いを通して心癒され再生していく様を描いたラヴ・ストーリー。監督は、「はつ恋」などの脚本家として知られ、本作で本篇デビューを飾った長澤雅彦。最相葉月によるエッセイを基に、長澤監督と三澤慶子が共同で脚本を執筆。撮影を「狗神 INUGAMI」の藤澤順一が担当している。主演は、映画初出演の真中瞳と「張り込み」の堺雅人。

    ヒューマンドラマ、恋愛、大阪が舞台

    ネット上の声

    大阪で・・
    いい映画です
    静かだけど深い愛情
    正直、深いわぁ~。
    製作年:2001
    製作国:日本
    監督:長澤雅彦
    主演:東風万智子
    8
  9. ジョゼと虎と魚たち

    ジョゼと虎と魚たち
    評価:A3.86
    田辺聖子の同名原作小説を、「二人が喋ってる。」「金髪の草原」の犬童一心監督が映画化。足の不自由な女の子ジョゼと、平凡な大学生の青年の出会いから別れまでをビター・スウィートに描く。主演は妻夫木聡と池脇千鶴。脚本は、岩井俊二ウェブサイト<シナリオどんとこい>出身の新人、渡辺あや。音楽はくるり。

    ヒューマンドラマ、恋愛、大阪が舞台

    ネット上の声

    そんなに男が悪いのか
    池脇千鶴と新井浩文が凄い!
    ジャンルはラブロマンス?じゃ無いですよ
    恋愛物ではあるけれど、いろいろな意味が込められている作品
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:犬童一心
    主演:妻夫木聡
    9
  10. ぼんち

    ぼんち
    評価:B3.78
    週刊新潮に連載された山崎豊子の原作を、「流転の王妃」の和田夏十と市川崑が共同で脚色「女経」の市川崑が監督したもので、大阪船場のぼんちという宿命を負った一人の青年の半生が描かれる。「浮草」の宮川一夫が撮影した。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇、大阪が舞台

    ネット上の声

    船場の掟は厳しい・・・
    他のサイトのレビューでは評価が高いけど
    女系家族、性欲、国策
    やはり強きは女たち。
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:市川雷蔵
    10
  11. 仁義なき戦い 完結篇

    仁義なき戦い 完結篇
    評価:B3.78
    「仁義なき戦い」シリーズ第5部・完結篇。警察の“頂上作戦”で一応終息したかにみえた広島やくざ抗争は、服役していた組長・幹部などの出所をきっかけに、組織の再編成にともなう流血の縄張り争いを再然させた。脚本は「ザ・カラテ」の高田宏治、監督は「仁義なき戦い 頂上作戦」の深作欣二、撮影は「殺人拳・2」の吉田貞次がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、アクション、ヤクザ・ギャング、大阪が舞台

    ネット上の声

    ★ついに完結…
    それぞれの仁義
    ヤクザには明日がない
    ついに完結!
    製作年:1974
    製作国:日本
    監督:深作欣二
    主演:菅原文太
    11
  12. 祭りの準備

    祭りの準備
    評価:B3.76
    南国土佐の自然を背景に、一人の少年が複雑な人間関係に圧迫されながらも巣立っていく姿を描く。原作は脚本も執筆している中島丈博の同名小説、監督は「竜馬暗殺」の黒木和雄、撮影は「田園に死す」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、青春、大阪が舞台

    ネット上の声

    なんとなく懐かしく心引かれる作品
    さわやかな青春映画が好みなので苦悩する青春って暗くて合わない
    芹明香の存在感
    「祭り」 = オラー、東京に出るべさ
    製作年:1975
    製作国:日本
    監督:黒木和雄
    主演:江藤潤
    12
  13. べらんめえ芸者と大阪娘

    べらんめえ芸者と大阪娘
    評価:B3.74
    べらんめえ芸者シリーズの第三作。スタッフは前回の「べらんめえ芸者佐渡へ行く」と同じ。

    コメディ、時代劇、大阪が舞台

    ネット上の声

    レンラクジコウ
    ひばり姐さん二役。
    健さんが・・・
    製作年:1962
    製作国:日本
    監督:渡辺邦男
    主演:美空ひばり
    13
  14. 実録外伝 大阪電撃作戦

    実録外伝 大阪電撃作戦
    評価:B3.74
    昭和35年の大阪を舞台に、戦後最大規模の暴力団抗争事件を描いたアクション映画。脚本は「強盗放火殺人囚」の高田宏治、監督は「極道社長」の中島貞夫、撮影も同作の増田敏雄がそれぞれ担当。

    アクション、ヤクザ・ギャング、大阪が舞台

    ネット上の声

    ★男たちが繰り広げる熱い群像劇!!
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:中島貞夫
    主演:松方弘樹
    14
  15. 夫婦善哉

    夫婦善哉
    評価:B3.72
    故織田作之助の小説を「「春情鳩の街」より 渡り鳥いつ帰る」の八住利雄が脚色、「麦笛」のスタッフで豊田四郎が監督、三浦光雄が撮影、団伊玖磨(「「春情鳩の街」より 渡り鳥いつ帰る」)が音楽を夫夫担当。出演者は「芸者小夏 ひとり寝る夜の小夏」の森繁久彌、「修禅寺物語」の淡島千景、「おえんさん」の司葉子、「新鞍馬天狗 夕立の武士」の小堀誠など。第29回キネマ旬報ベスト・テン第2位。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台

    ネット上の声

    だめだめ夫
    気丈な女とグズグズ男の、よれよれラブ・コメかぁ
    森繁、いい演技です
    森繁は好かん
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:豊田四郎
    主演:森繁久彌
    15
  16. ラブ★コン

    ラブ★コン
    評価:B3.70
    身長が高いせいで男の子にフラれた過去を持つ小泉リサ(藤澤恵麻)と、身長が低いせいで女の子にフラれた経験のある大谷敦士(小池徹平)は、外見のコンプレックスに悩んでいた。お互いに“チビ!”“デカ女!”と呼び合うふたりは舞戸学園に入学早々、その名コンビぶりが評判となり、漫才師のオール阪神・巨人と命名されてしまう。

    コメディ、青春、大阪が舞台

    ネット上の声

    キビシイです
    恵麻ちゃんカワイイ!
    この夏の大穴
    一度で二度美味しい♪
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:石川北二
    主演:藤澤恵麻
    16
  17. 大阪極道戦争 しのいだれ

    大阪極道戦争 しのいだれ
    評価:B3.70


    アクション、ヤクザ・ギャング、大阪が舞台
    製作年:1994
    監督:細野辰興
    主演:役所広司
    17
  18. Wの悲劇

    Wの悲劇
    評価:B3.70
    女優をめざす若い劇団の研究生が、ある事件に巻き込まれて主役を演じ、本当の女優になっていく姿を描く。夏樹静子原作の同名小説を、本篇の中の舞台劇におりこみ、「湯殿山麓呪い村」の荒井晴彦と「野菊の墓」の澤井信一郎が共同で脚本を執筆。監督は澤井信一郎、撮影は「愛情物語」の仙元誠三がそれぞれ担当。

    サスペンス、大阪が舞台

    ネット上の声

    アイドルから女優へ
    今でも拍手を送りたい
    「顔はぶたないでっ」・・今見ても印象的な台詞ですね。
    壮絶 女の戦い
    製作年:1984
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:薬師丸ひろ子
    18
  19. ママいつまでも生きてね

    ママいつまでも生きてね
    評価:B3.68
    杉本要吉原作のノン・フィクションをもとに「太陽は見た」の石松愛弘が脚本に当り、監督は「おんな極悪帖」の池広一夫、撮影は「兇状流れドス」の武田千吉郎がそれぞれ担当。

    大阪が舞台

    ネット上の声

    S30-36年生まれなら学校で見た人多い筈
    ぜひDVDにして下さい。
    製作年:1970
    製作国:日本
    監督:池広一夫
    主演:中村歌昇
    19
  20. めし

    めし
    評価:B3.63
    製作は「哀愁の夜(1951)」の藤本真澄。朝日新聞連載中絶筆となった林芙美子の原作から「哀愁の夜(1951)」の井手俊郎と「少年期」の田中澄江とが共同で脚本を執筆、「舞姫(1951)」の成瀬巳喜男が監督に当っている。撮影は「武蔵野夫人」の玉井正夫である。出演者は、「死の断崖」の上原謙と島崎雪子、「麦秋」の原節子と杉村春子、二本柳寛、「赤道祭」の杉葉子と山根壽子、「平手造酒(1951)」の山村聡、花井蘭子などの他に、進藤英太郎、大泉滉、風見章子、中北千枝子、小林桂樹などである。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台、夫婦

    ネット上の声

    何ともはや
    大阪を舞台に~
    こんな原節子も良い
    三丁目の夕日を見たら、途端にホンマモンに合いたくなって・・・・
    製作年:1951
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:上原謙
    20
  21. 悪名

    悪名
    評価:B3.63
    この作品は、現在、全国のあらゆる新聞、雑誌の連載小説中でも最も人気高く、「週刊朝日」に連載中の今東光の同名小説の映画化で、「小太刀を使う女」の依田義賢が脚色。「鯉名の銀平(1961)」の田中徳三が監督。撮影は「沓掛時次郎(1961)」の宮川一夫。

    アクション、ヤクザ・ギャング、時代劇、大阪が舞台

    ネット上の声

    傑作シリーズ
    おもしろい
    勝新と4人の女
    なんでずーっといっこもれびゅうないんや?
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:田中徳三
    主演:勝新太郎
    21
  22. 高校大パニック

    高校大パニック
    評価:B3.62
    北九州の名門高校を舞台に、受験地獄を呪う若者達の叫びを描く。学生達の8ミリ自主映画グループ“狂映舎”と日活のスタッフがジョイント製作したもので、製作、原案、監督に“狂映舎”のメンバーが参加している。脚本は「沖縄やくざ戦争」の神波史男、監督は「襲え!」の沢田幸弘と石井聰亙の共同、撮影は「襲え!」の山崎善弘がそれぞれ担当。

    大阪が舞台

    ネット上の声

    数学できんがなぜ悪いんや!
    疾走する夏の一日、ノイズの優しさ
    製作年:1978
    製作国:日本
    監督:石井聰亙
    主演:浅野温子
    22
  23. ミスター・ルーキー

    ミスター・ルーキー
    評価:B3.62
    プロ野球選手になる夢を捨てきれず、パートタイムのピッチャーとなったサラリーマンの奮闘を描いた青春コメディ。監督は「ダブルス」の井坂聡。脚本は、佐藤佐吉による原案を基に井坂監督と鈴木崇が共同で執筆。撮影を「ダブルス」の佐野哲郎が担当している。主演は「無問題2」の長嶋一茂。HD24Pからのキネコ。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台、野球

    ネット上の声

    ありえない話?
    これぞスポーツ映画の最高峰だ!
    ふざけていそうで意外と真面目に作っている映画
    嗚呼、愛すべき阪神タイガース!!
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:井坂聡
    主演:長嶋一茂
    23
  24. 夜叉

    夜叉
    評価:B3.61
    今は漁師として生活している中年男の隠された過去と揺れ動く愛を描く。脚本は「ひとごろし」の中村努、監督は「魔の刻」の降旗康男、撮影も同作の木村大作が担当。

    ヒューマンドラマ、ヤクザ・ギャング、大阪が舞台

    ネット上の声

    下心のある任侠にガッカリ
    なんだ、お前もヤクザじゃねえか
    超・リアル。これも実際にありえる町の姿。
    鰤(ブリ)を投げる
    製作年:1985
    製作国:日本
    監督:降旗康男
    主演:高倉健
    24
  25. 男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎

    男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎
    評価:B3.60
    大阪を旅する寅次郎とそこで出会った浪花芸者の楽しくも哀しい恋を描くシリーズ二十七作目。脚本は「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」の山田洋次と同作の朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、コメディ、大阪が舞台、男はつらいよ

    ネット上の声

    芦屋雁之助さんも良かった…
    エンディングは、マドンナの新婚家庭を訪問 …
    これもおもしろかった
    結婚しますってまたかよ!
    製作年:1981
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    25
  26. 大阪物語

    大阪物語
    評価:C3.58
    漫才師の両親を持つ多感な少女の心の成長を、大阪の暮らしや四季のうつろいの中に綴った青春ドラマ。監督は「たどんとちくわ」の市川準。脚本は「何もかも百回も言われたこと」の犬童一心。撮影を「たどんとちくわ」の小林達比古と「つぐみ」の蔦井孝洋が担当している。主演は、映画初出演の池脇千鶴と新人・南野公助、そして「虹をつかむ男」の田中裕子と「夢二」の沢田研二。関西テレビ開局40周年記念、芸術文化振興基金助成作品。

    大阪が舞台

    ネット上の声

    池脇やね☆4
    どうやっても家族。
    製作年:1999
    製作国:日本
    監督:市川準
    主演:池脇千鶴
    26
  27. 河内カルメン

    河内カルメン
    評価:C3.56
    今東光の原作を、「四つの恋の物語(1966)」の三木克巳が脚色、「刺青一代」の鈴木清順が監督した風俗もの。撮影は「三匹の野良犬」の峰重義。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台

    ネット上の声

    野川由美子 好演!
    女性の強さにたじたじ
    野川さんの可愛さと映像センス
    露ちゃん最高!
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:鈴木清順
    主演:野川由美子
    27
  28. 太陽の墓場

    太陽の墓場
    評価:C3.53
    血を売る商売の男と愚連隊の話をモチーフに、助監督石堂淑朗との共同脚本を映画化。舞台は大阪のドヤ街。愚連隊信栄会の会長信は、大きな縄張りをもつ大浜組に対抗すべく、厳しい規律で子分たちを使い、会を強大なものにしようともくろんでいた。しかし、小遣い銭欲しさから、ヤスたちは信の目を盗んで、日雇いたちから血を採る商売を手伝う……。非人間的な状況の中で非人間的に生きる人間たちを凝視する大島渚監督の第3作。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台

    ネット上の声

    社会の底辺の闇
    止まった者から消えていく
    ひとすじのひかり
    アナーキー全開の傑作
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:大島渚
    主演:炎加世子
    28
  29. 図書館戦争 革命のつばさ

    図書館戦争 革命のつばさ
    評価:C3.52
    テロ事件が勃発(ぼっぱつ)する近未来の日本。デートをしていた図書隊の笠原郁と堂上篤に緊急召集がかかり、テロの手法と小説の内容が似ているとして、メディア良化委員会による作家狩りの標的にされた小説家・当麻蔵人の身辺警護の任務が言い渡される。しかし、図書隊と良化隊の激しい衝突で堂上が重傷を追うはめに。そんな状況でも郁は任務を続行するが……。

    アニメ、大阪が舞台

    ネット上の声

    原作ファン以外はお断り!
    肝心のキャラクターを何とかしてほしい
    予想を超える骨太の作品
    映像化云々より脚本の問題
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:浜名孝行
    主演:井上麻里奈
    29
  30. 華麗なる一族

    華麗なる一族
    評価:C3.51
    富と権力獲得への手段として、華麗なる閨閥をはりめぐらす万俵一族を主役に、金融界の“聖域”銀行、背後で暗躍する政・財界の黒い欲望を描く。原作は山崎豊子の同名小説。脚本は「戦争と人間 完結篇」の山田信夫、監督も同作の山本薩夫、撮影は「朝やけの詩」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、ホラー、大阪が舞台

    ネット上の声

    しまった!!
    重厚です。
    高度経済成長時代というのは、こういう時代
    動く 佐分利信
    製作年:1974
    製作国:日本
    監督:山本薩夫
    主演:佐分利信
    30
  31. 自虐の詩

    自虐の詩
    評価:C3.48
    子どものころから不運続きの幸江(中谷美紀)は、乱暴者で酒飲み、仕事もせずギャンブルに明け暮れるダメ亭主イサオ(阿部寛)に健気に尽くしていた。見かねた隣人に別離を勧められ、パート先の店主にしつこく言い寄られようとも、イサオと一緒にいることが何よりも幸せ。そんなある日、刑務所帰りの父親が幸江の前に現れる。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台、夫婦

    ネット上の声

    できそこない
    松子みたいな感じ。
    これは堤ワールドです
    本ビジュアルチラシに異議あり!!!!
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:堤幸彦
    主演:中谷美紀
    31
  32. 大阪最強伝説 喧嘩の花道

    大阪最強伝説 喧嘩の花道
    評価:C3.47


    アクション、青春、大阪が舞台

    ネット上の声

    お気楽コメディーとしてはGOOD!
    これいいよ
    若かりし・・・
    強いやべさんがここにいる!
    製作年:1996
    製作国:日本
    監督:三池崇史
    主演:矢部享祐
    32
  33. お父さんのバックドロップ

    お父さんのバックドロップ
    評価:C3.43
    母親を亡くし、プロレスラーの父、牛之助(宇梶剛士)の故郷、大阪に引っ越して来た小学生の一雄(神木隆之介)。彼はプロレスが大嫌いで、父のことも憎んでいたが、牛之助の無謀なチャレンジを知り……。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台

    ネット上の声

    なぜか・・・。
    演出をもっとうまくやれれば、それなりの映画に出来たはず
    大阪だからこそ生まれゆくリングの絆
    イイ雰囲気ですが、
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:李闘士男
    主演:宇梶剛士
    33
  34. Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン

    Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン
    評価:C3.43
    梁英姫の両親は、約3万人の在日コリアンの住む大阪市生野区で暮らしてた。済州島出身の父は日本で終戦を迎え、北朝鮮を祖国として選んだ。その後、朝鮮総連の中心メンバーとして活動してきた父は、母と出会い、結婚し3人の息子と娘をもうける。1971年、父は息子たちをまだ見ぬ祖国、平壌に帰国させることを決意するが……。

    ドキュメンタリー、大阪が舞台

    ネット上の声

    人間として、アイデンティティは認めるべき
    揺るぎない家族愛
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:ヤン・ヨンヒ
    34
  35. オカンの嫁入り

    オカンの嫁入り
    評価:C3.42
    陽子(大竹しのぶ)と娘の月子(宮崎あおい)は、ずっと母一人子一人で仲良く支え合って暮らしてきた。ある晩、酔っ払った陽子が若い金髪の男・研二(桐谷健太)を連れて帰ってきて、彼との結婚を宣言する。あまりに突然の事態に戸惑う月子は、母に裏切られたという思いから陽子にも研二にも素直に心を開けず、家を飛び出してしまうが……。

    ヒューマンドラマ、コメディ、大阪が舞台

    ネット上の声

    ・・・・・
    テレビドラマでいいじゃん。
    若者はBECK、中高年はおかん
    「あおい」と「しのぶ」に、魅了されました …
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:呉美保
    主演:宮崎あおい
    35
  36. 大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン

    大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン
    評価:C3.41
    「大怪獣ガメラ」の高橋二三がシナリオを執筆、「破れ証文」の田中重雄が監督したS・Fもの。撮影もコンビの高橋通雄。

    特撮、大阪が舞台

    ネット上の声

    思ったよりいい
    虹が必殺技とはなかなか斬新
    悪役振りが理不尽すぎ、いくら子供用でももう少し考えてほしい
    実は聖獣同士の戦い
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:田中重雄
    主演:本郷功次郎
    36
  37. ゴジラVSビオランテ

    ゴジラVSビオランテ
    評価:C3.37
    大怪獣ゴジラと謎の新怪獣ビオランテの対決を描く。小林晋一郎のゴジラ・ストーリー応募作品を基に、脚本・監督は「花の降る午後」の大森一樹、特技監督は「ガンヘッド」の川北紘一、撮影は「ピラミッドの彼方に ホワイト・ライオン伝説」の加藤雄大がそれぞれ担当。

    特撮、大阪が舞台、ゴジラ

    ネット上の声

    平成シリーズの始まり
    タナトスの塔への誘い
    シリーズでも一、二を争う傑作
    ゴジラVSビオランテを見て……
    製作年:1989
    製作国:日本
    監督:大森一樹
    主演:三田村邦彦
    37
  38. 血と骨

    血と骨
    評価:C3.32


    ヒューマンドラマ、アクション、大阪が舞台
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:崔洋一
    主演:ビートたけし
    38
  39. 岸和田少年愚連隊

    岸和田少年愚連隊
    評価:C3.25
    喧嘩ばかりを繰り返す少年たちを主人公に、大阪・岸和田の個性的な人々の姿をノスタルジックに描いた青春コメディ。監督は「突然炎のごとく」の井筒和幸。中場利一の同名小説を、「平成無責任一家 東京デラックス」の鄭義信と「復讐の帝王」の我妻正義が脚色。撮影を「女優霊」の浜田毅が担当している。主演は吉本興業の人気若手漫才コンビ“ナインティナイン”の矢部浩之と岡村隆史。全篇を70年代の流行歌が彩る。96年度キネマ旬報ベストテン第6位。1996年3月9日より大阪・松竹角座にて先行上映。

    ヒューマンドラマ、コメディ、青春、ヤンキー、大阪が舞台、岸和田少年愚連隊

    ネット上の声

    やべっち若すぎるwしかもイケメン役w
    意外と評価低いね。おもろいのにーーー
    男って・・・
    あまりいいとは思いませんでした
    製作年:1996
    製作国:日本
    監督:井筒和幸
    主演:矢部浩之
    39
  40. ホームレス中学生

    ホームレス中学生
    評価:D3.11
    1学期の終業式を終え、帰宅した中学2年生の裕(小池徹平)は、家の玄関に差し押さえの札が貼られ、自分たちの荷物が外に出された自宅の信じられない光景を目にすることに。帰ってきた兄(西野亮廣)や姉(池脇千鶴)とともに途方に暮れる裕だったが、そこに現れた父(イッセー尾形)は「解散!」の一言を言い残し、立ち去ってしまう。

    ヒューマンドラマ、コメディ、大阪が舞台

    ネット上の声

    小池徹平?
    共感できるものが・・・・
    【マスとしての人の冷たさと、個としての人の温もり】
    笑い話に出来てよかったね(^^;
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:古厩智之
    主演:小池徹平
    40
  41. 浪華悲歌

    浪華悲歌
    評価:D3.09
    溝口健二監督の初期の代表作のひとつで、山田五十鈴が演技派女優としての才能を開花させるきっかけとなった女性ドラマ。大阪の薬種問屋の電話交換手として働くアヤ子は、会社の金を使い込んで多額の借金を抱えた父のため、職場の店主の愛人になる。続いてアヤ子は学費が払えない兄のために株屋から金をだまし取ろうとするが、警察に捕まってしまう。ようやく釈放されて家に帰ったアヤ子に、家族は冷たく当たるのだった。

    大阪が舞台

    ネット上の声

    『祇園の姉妹』と甲乙受けがたい傑作
    様々な意味で歴史的転換作となった逸品
    溝口はんのゆうたること、わかりますわ
    省略の芸術
    製作年:1936
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:山田五十鈴
    41
  42. 道頓堀川

    道頓堀川
    評価:D3.08
    道頓堀川に面した喫茶店を舞台に、父と子、男と女、そしてさまざまな形の青春を描く。「泥の河」に続く宮本輝の同名小説の映画化。脚本は「魔界転生」の野上龍雄と深作欣二、監督も深作欣二、撮影は「真夜中の招待状」の川又昂がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台

    ネット上の声

    最後の無茶な展開はいくらなんでもそれはない
    松坂慶子さま
    大阪のニオイがぷんぷんする
    映画の中で生きている
    製作年:1982
    製作国:日本
    監督:深作欣二
    主演:松坂慶子
    42
  43. 大阪物語

    大阪物語
    評価:E0.00
    井原西鶴の『日本永代蔵』『当世胸算用』『萬の文反古』などのエピソードから故溝口健二が原作を書き依田義賢が脚色、これを溝口監督が手がけるところ、同監督の急逝により「四十八歳の抵抗」の吉村公三郎が変って監督する。撮影担当は「月形半平太(1956)」の杉山公平。主な出演者は「編笠権八」の市川雷蔵、「信号は赤だ」の勝新太郎、林成年、「嵐の中の男」の香川京子、「鼠小僧忍び込み控 子の刻参上」の小野道子、「君を愛す」の三益愛子など。

    大阪が舞台

    ネット上の声

    お茶目な勝新!
    放蕩息子は世界を救う
    なかなかいいが・・・
    立って寒がっている少年に注目。
    製作年:1957
    製作国:日本
    監督:吉村公三郎
    主演:市川雷蔵
    43
  44. なにわ忠臣蔵

    なにわ忠臣蔵
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、ヤクザ・ギャング、大阪が舞台
    製作年:1997
    製作国:日本
    監督:萩庭貞明
    主演:岩城滉一
    44
  45. 自転車でいこう

    自転車でいこう
    評価:E0.00
    在日韓国人が多く、反差別精神が根付いた大阪生野区の障害者と健常者の共生生活にスポットをあてたドキュメンタリー。知的障害者の青年リ・プーミョンは、自転車で福祉作業所の営業周りをしているが、いつも雑談ばかり。そんなプーミョンと街の人々の交流、障害者と健常者のいる学童保育施設での出来事が、当たり前の日常として真正面から描かれている。

    大阪が舞台

    ネット上の声

    ひとつの生き方
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:杉本信昭
    45
  46. 細雪

    細雪
    評価:E0.00


    大阪が舞台

    ネット上の声

    高峰秀子の美しさ最高潮
    面白くはないが一見の価値あり
    製作年:1950
    製作国:日本
    監督:阿部豊
    主演:花井蘭子
    46
  47. 実録 柳川組 大阪戦争百人斬り

    実録 柳川組 大阪戦争百人斬り
    評価:E0.00
    OV界の帝王・竹内力主演による任侠アクションシリーズ第1弾。昭和21年。柳川次郎は下関で強盗として名を馳せるが、右腕の立川と共に逮捕される。数年後、出所した柳川は、九州での兄弟同士の抗争に嫌気が差し、堅気になろうとするのだが…。

    アクション、ヤクザ・ギャング、大阪が舞台

    ネット上の声

    リキ作品初心者ですが。。
    これおもしろいね。
    ヤクザ映画の名作
    100対8の戦争は可能か?
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:宮坂武志
    主演:竹内力
    47
  48. 花のれん

    花のれん
    評価:E0.00
    直木賞を得、先頃芸術座の舞台でも上演された山崎豊子の同名小説を、「細雪(1959)」の八住利雄が脚色し、「駅前旅館」の豊田四郎が監督したもので、大阪女の強さと哀しさを描こうという作品。撮影は「駅前旅館」の安本淳。パースペクタ立体音響。

    大阪が舞台

    ネット上の声

    一に商魂、二に商魂、三に商魂!
    明るく華やかなサクセスストーリー
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:豊田四郎
    主演:淡島千景
    48
  49. 大阪府警潜入捜査官

    大阪府警潜入捜査官
    評価:E0.00
    大阪府警察本部長から‘特命指令’が杉崎に下った。それは、刑事であることを隠し巨大ヤクザ組織に潜入、その麻薬ルートを探り、組織を壊滅に追い込むことだった。ヤクザ幹部と接触し信頼を得るため刑務所に服役、刺青まで彫り覚悟して望んだ1年2ヶ月。その身を削りながら組織に尽くす杉崎は、徐々にその最深部へと近づいていき、遂に‘組織壊滅’に繋がる大きな取引を目前にする。その時、杉崎の目の前に思いも寄らない男が現れる…。

    アクション、大阪が舞台
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:萩庭貞明
    主演:神保悟志
    49
  50. 大阪ど根性物語 どえらい奴

    大阪ど根性物語 どえらい奴
    評価:E0.00
    長谷川幸延原作“冠婚葬祭”より、「股旅 三人やくざ」の中島貞夫と鈴木則文が共同で脚色、新人鈴木則文が監督した喜劇。撮影は「バラケツ勝負」の川崎新太郎。

    コメディ、大阪が舞台

    ネット上の声

    社会風俗史の勉強に
    鈴木則文デビユー作 宅配レンタルに感謝
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:藤田まこと
    50

スポンサードリンク