1. 1970年代の青春映画ランキング

1970年代の青春映画ランキング

  1. 旅の重さ

    旅の重さ
    評価:B3.79
    母親との生活に疲れ、四国遍歴の旅に出た十六歳の少女の数奇な体験と、冒険をオール・ロケで詩情豊かに描く。原作は、覆面作家として話題をよんだ素九鬼子の同名小説の映画化。脚本は「約束」の石森史郎監督も同作の斎藤耕一、撮影も同作の坂本典隆。

    ネット上の声

    新人高橋洋子
    少女が閉塞感から脱するために一人旅に出て精神的に成長して
    極めて私的なレビューですが・・・。
    旅と言う名の人生

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Gyao324円
    製作年:1972
    製作国:日本
    監督:斎藤耕一
    主演:高橋洋子
    1
  2. ヤング・ゼネレーション

    ヤング・ゼネレーション
    評価:B3.79
    インディアナ州ブルーミントンの町を舞台に自転車レースに青春を賭ける若者と、その家族、仲間との交流を描く青春映画。製作・監督は「ザ・ディープ」のピーター・イエーツ、脚本はスティーブ・テシック、撮影はマシュー・F・レオネッティ、音楽はパトリック・ウィリアムス、編集はシンシア・シェイダー、美術はパトリシア・フォン・ブランデンスタイン、衣裳はベッツィ・コックスが各各担当。出演はデニス・クリストファー、デ…

    ネット上の声

    若者らしさ。
    若者向けの青春ドラマ☆2つ
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・イエーツ
    主演:デニス・クリストファー
    2
  3. トリュフォーの思春期

    トリュフォーの思春期
    評価:B3.65
    フランスの小都市の小学校を舞台に、子供たちが織りなすエピソードをユーモラスに綴る。監督は「アデルの恋の物語」のフランソワ・トリュフォー、脚本はトリュフォー自身と、「アデルの恋の物語」に引き続いて共作したシュザンヌ・シフマン、撮影はピエール・ウィリアム・グレン、音楽は故モリース・ジョーベールの旋律を使用、主題曲はシャルル・トレネの「日曜日は退屈」。出演は数百人からのオーディションに合格した、ジョー…

    ネット上の声

    がっかり~
    何度でも見たくなる
    子供が憧れられる大人になりたいものです。。。
    胸に響いた
    製作年:1976
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・トリュフォー
    主演:ジョリー・デムソー
    3
  4. ビッグ・ウェンズデー

    ビッグ・ウェンズデー
    評価:B3.63
    1962年、カリフォルニア。マット、ジャック、リロイの3人はサーファー仲間。彼らの夢は水曜日にやってくるという伝説の大波に挑戦することだった。そんな彼らに過酷な現実が襲いかかる。ジャックが徴兵され、ベトナムへ赴くことになったのだ。その後、マットたちの生活も一変する。ジャックも無事に帰ってくるが、3人組は無鉄砲な青春時代の終わりを知る。そして74年、ついに伝説の大波が……。ダイナミックなサーフィン…

    ネット上の声

    いい映画だね
    マッ ジョンソン!
    男の友情がうらやましい
    32年前という時代を象徴する作品、すばらしい
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ミリアス
    主演:ジャン=マイケル・ヴィンセント
    4
  5. 青春の殺人者

    青春の殺人者
    評価:B3.63
    一九六九年十月三十日、千葉県市原市で実際に起こった事件に取材した芥川賞作家中上健次の小説『蛇淫』をもとに、両親を殺害した一青年の理由なき殺人を通して、現代の青春像を描き上げる。脚本は元創造社のメンバーの一人で、作家に転向以来五年ぶりに脚本を執筆した田村孟、監督はこれが第一回監督作品の長谷川和彦、撮影は「祭りの準備」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    ダメでした
    かなり昔の作品にしては
    本当の水谷豊は相棒じゃねえ!!
    じゅんちゃん!じゅんちゃん!
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:長谷川和彦
    主演:水谷豊
    5
  6. サタデー・ナイト・フィーバー

    サタデー・ナイト・フィーバー
    評価:B3.59
    70年代を背景にしながら、大人に脱皮してゆく若者たちの姿を描く。76年に発表された“Tribal Rites of the New Saturday Night”(新しい土曜の夜の部族儀式)というニック・コーンの原作(二見書房刊)の映画化で、製作はロバート・スティグウッド、監督はジョン・バダム、脚色は「セルピコ」のノーマン・ウエクスラー、撮影はラルフ・ボード、編集はデビッド・ローリンズ、音楽はビ…

    ネット上の声

    らいよんちゃんねる?
    トラボルタ ファンは見なくてはいけない
    70年代後半最高の映画。
    若き日のジョン・トラボルタがいい。
    製作年:1977
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・バダム
    主演:ジョン・トラヴォルタ
    6
  7. いちご白書

    いちご白書
    評価:B3.55
    名門大学に通うサイモン(ブルース・デイヴィソン)は政治や学生運動に興味のない学生だったが、大学が近所の子どもたちの遊び場になっている土地に軍の施設を建てようとしたため、学生たちがストを起こしていた。好奇心から学生運動に参加した彼は、活動家のリンダ(キム・ダービー)と出会い恋心を抱くが、彼女は運動に積極的でないサイモンを快く思わず……。

    ネット上の声

    青春の1ページ
    いつか〜♪君と行った〜♪
    製作年:1970
    製作国:アメリカ
    監督:スチュアート・ハグマン
    主演:ブルース・デイヴィソン
    7
  8. 祭りの準備

    祭りの準備
    評価:B3.54
    南国土佐の自然を背景に、一人の少年が複雑な人間関係に圧迫されながらも巣立っていく姿を描く。原作は脚本も執筆している中島丈博の同名小説、監督は「竜馬暗殺」の黒木和雄、撮影は「田園に死す」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    なんとなく懐かしく心引かれる作品
    さわやかな青春映画が好みなので苦悩する青春って暗くて合わない
    芹明香の存在感
    「祭り」 = オラー、東京に出るべさ
    製作年:1975
    製作国:日本
    監督:黒木和雄
    主演:江藤潤
    8
  9. がんばれ!ベアーズ

    がんばれ!ベアーズ
    評価:C3.52
    アメリカ西海岸の町を舞台に弱小野球チームの奮闘を描き、続編やテレビシリーズ化もされた青春スポーツコメディ。メガホンをとるのは、「白銀のレーサー」(1969)などスポーツ映画を得意とするマイケル・リッチー監督。かつてマイナーリーグで活躍していたプール清掃員のモリスは、問題児ばかりの少年野球チーム「ベアーズ」のコーチを市議会に依頼される。モリスはチーム強化のため、不良少年のケリーや元恋人の娘アマンダ…

    ネット上の声

    生意気ね!
    シリーズの中で1番好き
    大人になるきっかけでした。
    元マイナー
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・リッチー
    主演:ウォルター・マッソー
    9
  10. ラ・マンチャの男

    ラ・マンチャの男
    評価:C3.50
    一九六五年十一月、ブロードウェイで初演以来、ニューヨーク演劇批評家賞を始めさまざまな賞を獲得し、ブロードウェイ、オブ・ブロードウェイで五年間のロングランを続けた『ラ・マンチャの男』の映画化。製作総指揮はアルベルト・グリマルディ、製作・監督は「ホスピタル」のアーサー・ヒラー、脚本はデイル・ワッサーマン、撮影はジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽はミッチ・リイ、作詞はジョー・ダリオン、ミュージカル監督はロー…

    ネット上の声

    ミュージカルにしなくても普通にヒューマンドラマでいいんじゃ
    「見果てぬ夢」の翻訳が見事
    獄中の独特な圧迫感
    ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ
    製作年:1972
    製作国:イタリア
    監督:アーサー・ヒラー
    主演:ピーター・オトゥール
    10
  11. もっとしなやかに もっとしたたかに

    もっとしなやかに もっとしたたかに
    評価:C3.50
    ロックバンドのグルーピーの少女との出会いによってニューファミリーを志向している妻子ある青年の自分の生活に対する疑問や苦悩を描く。小林竜雄の一九七八年度城戸賞準入選作の映画化で、脚本は「新・人間失格」の小林竜雄、監督は「帰らざる日々」の藤田敏八、撮影は「肉の標的・奪う!」の前田米造がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    内容は・・・
    LOVE LOVE 森下愛子
    森下愛子さんの魅力に釘付けです。
    奥田瑛二の初々しい演技
    製作年:1979
    製作国:日本
    監督:藤田敏八
    主演:奥田英二
    11
  12. サード

    サード
    評価:C3.43
    一人の少年院生が、少年と大人の狭間を彷徨しながらも、成熟に向って全力で走り抜ける姿を描く、軒上泊原作『九月の町』の映画化。脚本は「ボクサー」の寺山修司、監督は「日本妖怪伝 サトリ」の東陽一、撮影は川上皓市がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    LOVE 森下愛子
    森下愛子の歌うガンバロウが時代を感じる
    主人公サードに匹敵する「新聞部(森下愛子)」の存在感
    キネマ旬報第1位がこれ?
    製作年:1978
    製作国:日本
    監督:東陽一
    主演:永島敏行
    12
  13. 都会のアリス

    都会のアリス
    評価:C3.40
    旅行記執筆のためにニューヨークを訪れていたドイツ人フィリップはひょんなことから少女アリスと知り合う。書き置きを残して去った少女の母は約束のアムステルダムに現れず、今度は祖母の家を探して西ドイツへと旅するふたりだったが……。リュディガー・フォーグラー主演のベンダース“ロード・ムービー3部作”の記念すべき第1作。

    ネット上の声

    帰れない二人
    現実世界への入り口
    これぞロードムービー
    元祖自分探し?
    製作年:1973
    製作国:西ドイツ
    監督:ヴィム・ヴェンダース
    主演:リュディガー・フォグラー
    13
  14. 天国の日々

    天国の日々
    評価:C3.40
    第1次世界大戦が始まったころ、シカゴの製鉄工場で働くビリー(リチャード・ギア)は仕事を辞め、妹のリンダ(リンダ・マンズ)と恋人のアビー(ブルック・アダムス)と共にシカゴを飛び出す。テキサスの農場で麦刈り人として働くことになったビリーだが、若き農場主チャック(サム・シェパード)がアビーに目を付けたと知り……。

    ネット上の声

    これこそ代表作!
    テレンス・マリック作品では1番好き!
    自然との対比で映し出される人間の脆さ
    名作なんだが画質が最悪
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:テレンス・マリック
    主演:リチャード・ギア
    14
  15. 地獄の逃避行

    地獄の逃避行
    評価:C3.40
    25歳のキットはジェームズ・ディーンに憧れている若者。清掃員として働く彼は15歳の少女ホリーと出会う。互いに惹かれあい交際が始まるが、ホリーの父親はそれを認めようとしなかった。そんな彼をキットが殺害。その後、キットとホリーは逃避行を続け、犯行を繰り返していくが……。実際に起こった事件をもとに、テレンス・マリックが初監督を務めた作品。少女のナレーションで進められる切ない物語、そして詩情豊かな美しい…

    ネット上の声

    バッドランズ
    幻想的な映像美
    シシー・スペイセクの魅力に感服
    コーディ?
    製作年:1973
    製作国:アメリカ
    監督:テレンス・マリック
    主演:マーティン・シーン
    15

スポンサードリンク