1. ヒューマンドラマ系のサスペンス映画ランキング

ヒューマンドラマ系のサスペンス映画ランキング

  1. 情婦

    情婦
    評価:S4.47
    アガサ・クリスティの短編「検察側の証人」の映画化。主演のマレーネ・デートリッヒたっての希望で、監督にはビリー・ワイルダーに白羽の矢がたった。ワイルダーにとっては初の法廷劇だが、彼の作品特有の悪女は今作でも健在。ロンドンで、裕福な未亡人の刺殺事件が起きる。容疑の疑いがかけられたレナードは、ロンドンきっての敏腕弁護士ローバーツ卿に弁護を依頼する。しかし、唯一のアリバイを証言する妻が思いもよらないこと…

    ネット上の声

    サスペンス仕立ての法廷劇を期待してたのでミステリーにがっかり
    ちょっと鳥肌〜
    パチパチパチ!!
    終わり方が・・・
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:タイロン・パワー
    1
  2. 羊たちの沈黙

    羊たちの沈黙
    評価:S4.45
    FBIアカデミーの優秀な訓練生クラリスは連続誘拐殺人事件の捜査スタッフに組み込まれ、犯罪者として収監されているレクター博士と面会する。それは、天才的な精神科医でありながら、自らの患者を次々と死に追いやったレクターこそ事件の謎を解く鍵になると見込んでのことだった。レクターはクラリスに興味を示し、捜査の手がかりを与える。ふたりが次第に心を通わせていく一方、新たな誘拐事件が。そしてレクターは脱獄を図り…

    ネット上の声

    内容とは違うところで問題?
    素晴らしい心理合戦!
    鉄格子越しの会話の緊迫感が凄い
    やっぱりレクター博士
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:ジョナサン・デミ
    主演:ジョディ・フォスター
    2
  3. 十二人の怒れる男

    十二人の怒れる男
    評価:S4.43
    ニューヨークの裁判所。18歳の不良少年が実父殺害の容疑で裁かれようとしていた。12人の陪審員たちは評決の投票をするが、ただひとり陪審員8番だけが無罪を主張し、改めて審議が行なわれることに。それでなくても疲れきっていた11人は苛立つが、8番の説得によって次々と無罪に転じていく。はたして審議の行方は? レジナルド・ローズ脚本のテレビドラマを映画化。シドニー・ルメットがこの作品で映画初監督を飾った。

    ネット上の声

    爽快感の演出
    名役者に脱帽!!
    ノット ギルティ!!
    今、改めて日本人が観るべき名作
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ヘンリー・フォンダ
    3
  4. 天国と地獄

    天国と地獄
    評価:S4.36
    エド・マクベインの原作を得て、黒澤明監督が映画化した全編息づまるサスペンス。製靴会社の専務権藤の息子と間違えられて、運転手の息子が誘拐された。要求された身代金は三千万円。苦悩の末、権藤は運転手のために全財産を投げ出して三千万円を犯人に受け渡し、無事子供を救出する。非凡な知能犯の真の目的とは。鉄橋を利用した現金受け渡しのシーンは秀逸で、実際にこれを模倣した誘拐事件が発生した。また白黒作品であるにも…

    ネット上の声

    名作ということなんだけどどうも
    世界最高のサスペンス
    字幕付きでの鑑賞をお奨めします。
    サスペンスモノ
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    4
  5. チェンジリング

    チェンジリング
    評価:S4.34
    1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。暗くなって彼女が帰宅すると、家で一人で留守番をしているはずの息子の姿はどこにもなかった。

    ネット上の声

    うううう(-_-;)
    真実って凄い
    【特薦】骨太!日本はロス市警を笑えない
    すべらない
    製作年:2008
    製作国:アメリカ
    監督:クリント・イーストウッド
    主演:アンジェリーナ・ジョリー
    5
  6. アマデウス ディレクターズ・カット

    アマデウス ディレクターズ・カット
    評価:S4.33
    モーツァルトの死をめぐる絢爛豪華な舞台劇を映画化し、アカデミー8部門を独占した「アマデウス」に、20分の新たな映像が追加されたディレクターズ・カット版。全編にちりばめられたモーツァルトの名曲の数々が、最新のデジタル音響で鮮やかに甦る。

    ネット上の声

    私が思う最高傑作
    やっぱり名作です
    こ、コンスタンツィー!
    ディレクターズカットの方が負けています
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:ミロス・フォアマン
    主演:F・マーレイ・エイブラハム
    6
  7. ルパンの消息

    ルパンの消息
    評価:S4.30
    「15年前の起きた女教師の自殺は、実は殺害事件だった。」警視庁にもたらされたこの1本のタレ込み情報により、新たに捜査チームが結成され、元警視庁捜査一課の溝呂木が指揮をとることになった。溝呂木は、戦後最大の事件とも言える「三億円事件」を時効で迎えた苦い経験があった。時効まで残り24時間、執念に燃える溝呂木は当時の女教師の生徒や同僚教師を調べるうちに、思わぬ事件との関係に気づくが…。

    ネット上の声

    怪盗ルパンはいずこへ
    面白かった
    骨太作品!
    刑事訴訟法255条
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:水谷俊之
    主演:上川隆也
    7
  8. ディレクターズ・カット JFK/特別編集版

    ディレクターズ・カット JFK/特別編集版
    評価:S4.27

    ネット上の声

    これは絶対に見て欲しい
    悲しいAmerica方程式〜オススメ関連作品etc
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:オリヴァー・ストーン
    主演:ケヴィン・コスナー
    8
  9. 仮面の男

    仮面の男
    評価:S4.24
    ヨーロッパを舞台に探偵作家が、殺人事件の真相を追うサスペンス・ドラマ。エリック・アンブラーの小説「ディミトリオスの棺」の映画化で、脚本はフランク・グルーバーが執筆。製作はヘンリー・ブランク、監督はジーン・ネグレスコ、撮影はアーサー・エディスン、音楽はアドルフ・ドイッチェ、レオ・F・フォーブステイン、編集はフレデリック・リチャーズが担当。出演はピーター・ローレ、シドニー・グリーンストリート、ザカリー・スコット、ヴィクトル・フランサンなど。
    製作年:1944
    製作国:アメリカ
    監督:ジーン・ネグレスコ
    主演:ピーター・ローレ
    9
  10. 砂の器

    砂の器
    評価:S4.24
    松本清張による同名原作を、野村芳太郎監督、橋本忍&山田洋次脚本で映画化した社会派サスペンス。モスクワ国際映画祭の審査員特別賞を受賞。2005年6月にデジタルリマスター版が公開されている。東京・蒲田にある国鉄の操車場で殺人事件が発生。被害者の身元がわからず捜査は難航する。しかし、被害者が殺害される直前にある男と会っていたことがわかり、2人の会話から「カメダ」という謎の単語が浮かび上がる。

    ネット上の声

    (-.-)y- ゜゜゜
    涙が止まりませんでした。
    今の若い人には伝わりにくいだろう。
    一度は観ておきたい
    製作年:1974
    製作国:日本
    監督:野村芳太郎
    主演:丹波哲郎
    10
  11. アマデウス

    アマデウス
    評価:S4.24
    ピーター・シェイファーによる戯曲を「カッコーの巣の上で」のアカデミー賞コンビ、製作ソウル・ゼインツ&ミロス・フォアマン監督で映画化。19世紀の楽聖ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの半生を、彼を妬む宮廷音楽家サリエリの視点から描く。出演はサリエリにF・マーレイ・エイブラハム、モーツァルトにトム・ハルス。1984年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞を含む8部門で受賞した。

    ネット上の声

    凡人が天才に嫉妬する話
    天才は現実に疎いものなのか
    ディレクターズカットでどうぞ!
    モーツァルトの話がこんなにおもしろくなるなんて!
    製作年:1984
    製作国:アメリカ
    監督:ミロス・フォアマン
    主演:F・マーレイ・エイブラハム
    11
  12. 告発

    告発
    評価:S4.22
    悪名高きアルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ実際の事件に基づき、若き弁護士と囚人の友情を描いたヒューマン・ドラマ。「パッセンジャー57」「ワイアット・アープ」のダン・ゴードンのオリジナル脚本を、「ハートブレイク・タウン」のマーク・ロッコが監督。製作はマーク・フリードマンとマーク・ウォルパー、エグゼクティヴ・プロデューサーはデイヴィッド・L・ウォルパーとマーク・ロッコ。撮影は「みんな愛してる」のフ…

    ネット上の声

    脚本が悪くてすごい話がすごそうに見えなかった、かなり物足りない
    重くて痛い
    権力を持った人間の恐ろしい悪に触れた気分
    こんなことが実際にあったとは!?楽しむというより学ぶ映画
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ロッコ
    主演:クリスチャン・スレイター
    12
  13. エリン・ブロコビッチ

    エリン・ブロコビッチ
    評価:A4.20
    第73回アカデミー賞でジュリア・ロバーツが主演女優賞を受賞。作品賞、監督賞ほか5部門にノミネートされたスティーブン・ソダーバーグの監督作。カリフォルニアの小さな町に住むエリンは、幼い子供を3人も抱えているのに仕事もお金もなく、しまいには車の衝突事故に遭い怪我までする始末。雇った弁護士エドは和解金を取れず、借金はかさむ一方だ。窮地に追い込まれたエリンは、エドの弁護士事務所に押しかけて居座り、エドは…

    ネット上の声

    実話の映画
    面白かった!!
    エリン本人が変えも出演
    女は敵に回しちゃいけない
    製作年:2000
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・ソダーバーグ
    主演:ジュリア・ロバーツ
    13
  14. それでもボクはやってない

    それでもボクはやってない
    評価:A4.17
    フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車で女子中学生から「痴漢したでしょ」と訴えられてしまう。まったく身に覚えのない金子は、話せば分かってもらえると思い、大人しく駅の事務室に行った。しかし、「ボクはやってない!」という訴えもむなしく、そのまま警察に連行されてしまう。その日から、留置所暮らしを余儀なくされた金子の無実を訴える戦いが始まった。

    ネット上の声

    今までとは比べモノにならないリアルな裁判映画。邦画名作の予感
    執念の取材
    満員電車。こわ・・・。
    日々常々起こりうることだから

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Google0円Gyao432円楽天0円
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:周防正行
    主演:加瀬亮
    14
  15. アルゴ

    アルゴ
    評価:A4.17
    1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は、6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。彼らを混乱する…

    ネット上の声

    私もそれほど評価は高くない
    上質なスリル感
    制作CIA、主演人質、共演イラン兵士の奇想天外な脱出大作戦
    ストーリーとスリルを楽しむ映画
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:ベン・アフレック
    主演:ベン・アフレック
    15

スポンサードリンク