1. 1980年代のサスペンス映画ランキング

1980年代のサスペンス映画ランキング

  1. アマデウス

    アマデウス
    評価:S4.24
    ピーター・シェイファーによる戯曲を「カッコーの巣の上で」のアカデミー賞コンビ、製作ソウル・ゼインツ&ミロス・フォアマン監督で映画化。19世紀の楽聖ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトの半生を、彼を妬む宮廷音楽家サリエリの視点から描く。出演はサリエリにF・マーレイ・エイブラハム、モーツァルトにトム・ハルス。1984年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞を含む8部門で受賞した。

    ネット上の声

    凡人が天才に嫉妬する話
    天才は現実に疎いものなのか
    ディレクターズカットでどうぞ!
    モーツァルトの話がこんなにおもしろくなるなんて!
    製作年:1984
    製作国:アメリカ
    監督:ミロス・フォアマン
    主演:F・マーレイ・エイブラハム
    1
  2. 疑惑

    疑惑
    評価:A4.06
    殺人容疑者の女と彼女を弁護することになった女性弁護士の間の確執を描く。松本清張の同名小説の映画化で、作者自身が脚色し、撮影台本は「ダイナマイトどんどん」の古田求と「わるいやつら」の野村芳太郎、監督も野村芳太郎、撮影も同作の川又昂がれぞれ担当。

    ネット上の声

    女は強い!!
    性悪女対氷の女
    realityは、さておいて …
    桃井かおりが暴走しています
    製作年:1982
    製作国:日本
    監督:野村芳太郎
    主演:桃井かおり
    2
  3. マルサの女

    マルサの女
    評価:A3.94
    国税局査察部に勤める女性が、ラブホテル経営者を脱税で摘発するまでを描く。脚本は監督も兼ねている「タンポポ」の伊丹十三が執筆。撮影は「時計 Adieu_l'Hiver」の前田米造が担当。

    ネット上の声

    必見は携帯電話
    うまいですね~
    伊丹十三の映画はどれも同じような雰囲気で続編をみているよう
    時代を感じます
    製作年:1987
    製作国:日本
    監督:伊丹十三
    主演:宮本信子
    3
  4. 刑事ジョン・ブック/目撃者

    刑事ジョン・ブック/目撃者
    評価:A3.92
    「誓い」「危険な年」のピーター・ウィアー監督が、ハリソン・フォードとコンビを組んだサスペンスドラマ。アメリカ・ペンシルバニアの片田舎で、文明社会から距離を置き、17世紀の生活様式を守って暮らすアーミッシュ。その村出身の子供サミュエルがフィラデルフィア駅のトイレで殺人事件を目撃する。捜査を担当する刑事ジョン・ブックが、サミュエルと母親のレイチェルを署に連れて聴取を行うと、サミュエルはジョンの同僚刑…

    ネット上の声

    現代文明に背を向け
    綺麗な映像&音楽・・・
    人間ドラマと刑事ものの見事な融合
    これこそ映画です★
    製作年:1985
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ウィアー
    主演:ハリソン・フォード
    4
  5. ヒッチャー

    ヒッチャー
    評価:A3.88
    なにげなく同乗させてしまったヒッチハイカーに、執拗にまとわりつかれる若者の恐怖を描くスリラー。製作はデイヴィッド・ボンビックとキッブ・オーマン。監督はこれがデビューのロバート・ハーマン。脚本はエリック・レッド、撮影はジョン・シール、音楽はマーク・アイスハムが担当。出演はルトガー・ハウアー、クリスチャン・トーマス・ハウエル、ジェニファー・ジェイソン・リーなど。

    ネット上の声

    理不尽な怖さ、あの指!
    ルドガ・ハウアー知るならこれ!
    久々に観たけど凄いわー!!
    停まったくれてありがとう。
    製作年:1985
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ハーモン
    主演:C・トーマス・ハウエル
    5
  6. 幸福

    幸福
    評価:A3.85
    妻に去られ二人の子供を育てる刑事と、恋人を殺され報復に燃える若い刑事を主人公に事件が解決される過程で、現代社会における幸福とは何かを描く。エド・マクベインの小説『クレアが死んでいる』を基に、脚本は「古都(1980)」の日高真也と市川崑、「おやゆび姫」の大薮郁子の共同執筆、監督も同作の市川崑、撮影も同作の長谷川清がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    “ちいさな映画”に回帰した市川崑の隠れた名作
    追悼 市川昆
    人生いろいろ、幸せもいろいろ!
    鼻血が出るほど面白い
    製作年:1981
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:水谷豊
    6
  7. 海と毒薬

    海と毒薬
    評価:B3.78
    太平洋戦争末期、米軍捕虜八名を生体解剖した事件を二人の研究生の目を通して描く。原作は遠藤周作の同名小説、脚本・監督は「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」の熊井啓、撮影は楢山節考」の栃沢正夫がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    実話だから怖い
    熊井啓作品の中で一番いい
    問われる日本人としての行動原理
    重い緊迫感、しかし・・・。
    製作年:1986
    製作国:日本
    監督:熊井啓
    主演:奥田瑛二
    7
  8. ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー

    ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー
    評価:B3.78
    一匹狼のすご腕金庫破りが結婚して足を洗おうとするが、彼を利用しようとする犯罪組織のボスは次々と卑劣な罠を仕掛けて来る……。スタイリッシュな映像が魅力の犯罪映画。マイケル・マン監督の劇場長編映画デビュー作。製作はジェリー・ブラッカイマー。

    ネット上の声

    心の底から痺れちゃう〜〜〜〜
    なんか凄いことになってるぞ。
    製作年:1981
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・マン
    主演:ジェームズ・カーン
    8
  9. Wの悲劇

    Wの悲劇
    評価:B3.74
    女優をめざす若い劇団の研究生が、ある事件に巻き込まれて主役を演じ、本当の女優になっていく姿を描く。夏樹静子原作の同名小説を、本篇の中の舞台劇におりこみ、「湯殿山麓呪い村」の荒井晴彦と「野菊の墓」の澤井信一郎が共同で脚本を執筆。監督は澤井信一郎、撮影は「愛情物語」の仙元誠三がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    アイドルから女優へ
    今でも拍手を送りたい
    「顔はぶたないでっ」・・今見ても印象的な台詞ですね。
    壮絶 女の戦い

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Google0円Hulu月々定額
    製作年:1984
    製作国:日本
    監督:澤井信一郎
    主演:薬師丸ひろ子
    9
  10. ミュージックボックス

    ミュージックボックス
    評価:B3.64
    ユダヤ人虐殺の嫌疑をかけられた父の無実を晴らそうとする女弁護士の遭遇する衝撃的事実を描くサスペンス。エグゼクティヴ・プロデューサーは脚本も兼ねるジョー・エスターハスとハル・ポレール、製作のアーウィン・ウィンクラー、監督のコンスタンチン・コスタ・ガブラス、撮影のパトリック・ブロツシュは「背信の日々」のコンビ。音楽はフィリップ・サルドが担当。出演はジェシカ・ラング、アーミン・ミューラー・スタールほか。

    ネット上の声

    本当に良い作品とは?
    オルゴール
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:コスタ=ガヴラス
    主演:ジェシカ・ラング
    10
  11. 薔薇の名前

    薔薇の名前
    評価:B3.59
    中世のある教会を舞台に謎の連続殺人事件解明にのり出す中年の僧と見習修道士の姿を描く。製作はベルント・アイヒンガー、エグゼクティヴ・プロデューサーはトーマス・シューリー、監督は「人類創世」のジャン・ジャック・アノー。イタリアの記号学者ウンベルト・エーコのベストセラー長編小説を基にジェラール・ブラッシュ、ハワード・フランクリン、アンドリュー・バーキン、アラン・ゴダールが脚色。撮影はトニーノ・デリ・コ…

    ネット上の声

    怖い!あらゆる意味で。
    ショーン・コネリーなので期待し過ぎたかも
    中世の魅力たっぷり
    ベルセルク+ジェダイ
    製作年:1986
    製作国:フランス/イタリア/西ドイツ
    監督:ジャン=ジャック・アノー
    主演:ショーン・コネリー
    11
  12. 評決

    評決
    評価:B3.57
    過去の一件が原因でどん底の日々を送っていた中年弁護士のポールは医療ミス事件の裁判にかつぎ出されることに。被害者を目のあたりにしたポールは正義に目覚め、病院側が申し出た示談を蹴ってしまう。やがて病院側は辣腕弁護士コンキャノンを雇い、ポールと法廷で争うことに。ポールは裁判の準備を進める一方、ローラという女性と親しくなるが……。正義を貫こうとする弁護士の戦いを描いた法廷ドラマ。

    ネット上の声

    裁きと赦し
    静かなる正義
    重圧の中での奮闘
    何回みても感動する
    製作年:1982
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ポール・ニューマン
    12
  13. TATTOO[刺青]あり

    TATTOO[刺青]あり
    評価:C3.52
    30歳になるまで男になろうと背伸びし続けた男が銀行に篭城し、射殺されるまでの破滅の軌跡を描く。脚本は「セーラー服鑑別所」の西岡琢也、監督は「女教師を剥ぐ」をはじめ多くのピンク映画を手がけて来た高橋伴明、撮影は長田勇市がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    破滅型の若者の姿がリアルに描かれています。
    ぶった切る勇気が本物を生んだ
    あの有名な銀行強盗事件を元にした傑作です
    ハッシャバイ・シーガル
    製作年:1982
    製作国:日本
    監督:高橋伴明
    主演:宇崎竜童
    13
  14. ツィゴイネルワイゼン

    ツィゴイネルワイゼン
    評価:C3.50
    旅に出た、士官学校教授の青地豊二郎(藤田敏八)と友人の中砂糺(原田芳雄)。その途中、彼らは弟の葬式に出席してきたという芸者の小稲(大谷直子)と出会う。それから1年、中砂から結婚の報を受けた青地は、彼の家を訪ねることに。だが、妻だという園(大谷直子)が小稲とうり二つであることに驚かされる。やがて、園は生まれたばかりの娘を残して逝去。中砂の様子を見に行く青地だが、今度は小稲が乳母として娘を抱いている…

    ネット上の声

    鈴木清順が思い入れで作った自慰映画って感じで興味がもてなかった
    腐ル手前ガイイノダ
    日本映画の最高傑作
    芸術映画が観たい時に
    製作年:1980
    製作国:日本
    監督:鈴木清順
    主演:原田芳雄
    14
  15. 殺人に関する短いフィルム

    殺人に関する短いフィルム
    評価:C3.48
    ポーランドの巨匠クシシュトフ・キエシロフスキー監督のTVシリーズ「デカローグ」第5話のロングバージョン。青年ヤツェックは、ある日衝動的にタクシー運転手を殺害する。彼の裁判を担当する弁護士ピョートルは、殺人のあった日に弁護士試験に合格していた。ドキュメンタリー監督として活躍してきたキエシロフスキーが、1人の男の殺人から死刑執行までを描いたドキュメンタリー・タッチの作品。

    ネット上の声

    苦しいときにみたらだめになる。。。
    名匠の作品かも知れないが、やっぱり「退屈」な映画でした。
    傑作、傑作、傑作、傑作
    不快マニア その4
    製作年:1987
    製作国:ポーランド
    監督:クシシュトフ・キエシロフスキー
    主演:ミロスワフ・バカ
    15

スポンサードリンク