1. 1950年代のサスペンス映画ランキング

1950年代のサスペンス映画ランキング

  1. 情婦

    情婦
    評価:S4.47
    アガサ・クリスティの短編「検察側の証人」の映画化。主演のマレーネ・デートリッヒたっての希望で、監督にはビリー・ワイルダーに白羽の矢がたった。ワイルダーにとっては初の法廷劇だが、彼の作品特有の悪女は今作でも健在。ロンドンで、裕福な未亡人の刺殺事件が起きる。容疑の疑いがかけられたレナードは、ロンドンきっての敏腕弁護士ローバーツ卿に弁護を依頼する。しかし、唯一のアリバイを証言する妻が思いもよらないこと…

    ネット上の声

    サスペンス仕立ての法廷劇を期待してたのでミステリーにがっかり
    ちょっと鳥肌〜
    パチパチパチ!!
    終わり方が・・・
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:タイロン・パワー
    1
  2. 十二人の怒れる男

    十二人の怒れる男
    評価:S4.43
    ニューヨークの裁判所。18歳の不良少年が実父殺害の容疑で裁かれようとしていた。12人の陪審員たちは評決の投票をするが、ただひとり陪審員8番だけが無罪を主張し、改めて審議が行なわれることに。それでなくても疲れきっていた11人は苛立つが、8番の説得によって次々と無罪に転じていく。はたして審議の行方は? レジナルド・ローズ脚本のテレビドラマを映画化。シドニー・ルメットがこの作品で映画初監督を飾った。

    ネット上の声

    爽快感の演出
    名役者に脱帽!!
    ノット ギルティ!!
    今、改めて日本人が観るべき名作
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ヘンリー・フォンダ
    2
  3. ベン・ハー

    ベン・ハー
    評価:S4.36
    ルー・ウォーレスによる同名ベストセラー小説の3度目の映画化。西暦1世紀の初め、ローマ帝国支配下のエルサレムに生まれたユダヤ人貴族の息子ベン・ハーの波乱に富んだ半生を、イエス・キリストの生涯と絡ませて描いた歴史スペクタクル大作。監督は「ミニヴァー夫人」「我等の生涯の最良の年」の巨匠ウィリアム・ワイラー。タイトルロールにチャールトン・ヘストン。59年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞を含む史上最多の…

    ネット上の声

    ベン・ハー
    アカデミー賞11部門獲得の映画史に残る傑作だそうです
    20世紀の 2大作品のひとつ
    こういう話だったっけ?
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:チャールトン・ヘストン
    3
  4. 仮面の男

    仮面の男
    評価:S4.24
    ヨーロッパを舞台に探偵作家が、殺人事件の真相を追うサスペンス・ドラマ。エリック・アンブラーの小説「ディミトリオスの棺」の映画化で、脚本はフランク・グルーバーが執筆。製作はヘンリー・ブランク、監督はジーン・ネグレスコ、撮影はアーサー・エディスン、音楽はアドルフ・ドイッチェ、レオ・F・フォーブステイン、編集はフレデリック・リチャーズが担当。出演はピーター・ローレ、シドニー・グリーンストリート、ザカリー・スコット、ヴィクトル・フランサンなど。
    製作年:1944
    製作国:アメリカ
    監督:ジーン・ネグレスコ
    主演:ピーター・ローレ
    4
  5. 私は告白する

    私は告白する
    評価:A4.08
    「見知らぬ乗客」のアルフレッド・ヒッチコックが1953年に監督た作品で、ポール・アンセルムの戯曲の映画化。脚本はジョージ・タボリとウィリアム・アーチボルドの共同執筆。撮影は「見知らぬ乗客」のロバート・バークス、音楽の作曲指揮は「吹き荒ぶ風」のディミトリ・ティオムキンのの担当。主演は「終着駅」のモンゴメリー・クリフトと「人生模様」のアン・バクスターで、カール・マルデン(「欲望という名の電車」)、ブ…

    ネット上の声

    法律と宗教
    映画の古典的傑作
    悔い改める時、人は初めて許される。
    時代は変わっても?
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:モンゴメリー・クリフト
    5
  6. M

    M
    評価:A4.03
    「月世界の女」「スピオーネ」と同じくテア・フォン・ハルボウ脚色、フリッツ・ランク監督の結合の基に作られた映画でデュッセルドルフに起こりし実話を基にして撮影台本が執筆されたものである。主なる出演者はペーター・ローレ、エレン・ヴィドマン、インゲ・ランドグート、グスタフ・グリュントゲンス、フリードリッヒ・グナス、フリッツ・オデマー、テオドル。ロース、オットー・ヴェルニッケ、ゲオルク・ヨーン、ローザ・ヴ…

    ネット上の声

    恐ろしい、たいへんな傑作
    70年前に予期されていた幼児殺傷事件。
    咲いたナチスの悪の華
    犯罪と法をめぐるリアリティ
    製作年:1931
    製作国:ドイツ
    監督:フリッツ・ラング
    主演:ペーター・ローレ
    6
  7. ダイヤルMを廻せ!

    ダイヤルMを廻せ!
    評価:A3.99
    「私は告白する」に次いでアルフレッド・ヒッチコックが監督したミステリイ・ドラマ1954年作品。フレデリック・ノットの戯曲およびテレビ劇を作者自身が脚色した。撮影のロバート・バークス、音楽のディミトリ・ティオムキンも「私は告白する」と同じスタフ。主演は「午後の喇叭」のレイ・ミランド、「モガンボ」のグレイス・ケリー、「逃走迷路」「恐怖時代」のロバート・カミングスで、ジョン・ウィリアムス(1)、アンソ…

    ネット上の声

    鍵のトリック・・・
    クールビューティー
    コロンボシリーズ?・・・☆4
    不倫はだめですよねえ・・・
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:レイ・ミランド
    7
  8. バルカン超特急

    バルカン超特急
    評価:A3.95
    列車という密室を舞台に、主人公の男女が孤立無援に陥る心理サスペンス。ロンドン行きの列車に乗り込んだアイリスは、ミス・フロイという老女と知り合う。しかし一眠りしたあと気がつくと彼女の姿がこつ然と消え、乗客のみんなが存在を否定する。魔術師や尼層、脳外科医など疑わしい連中ばかりの四面楚歌の状況下、1人の青年と共に彼女の捜索を始めるが……。イギリス時代を代表するヒッチコックの傑作で、公開当時批評家たちか…

    ネット上の声

    バルカン超特急
    時代を駆ける超特急
    フライト・プランちゃ
    ヒッチ・テイストの妙味を堪能あれ
    製作年:1938
    製作国:イギリス
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:マーガレット・ロックウッド
    8
  9. 裏窓

    裏窓
    評価:A3.90
    ヒッチコックの最高傑作と評される一級サスペンス。自由気ままな生活を送っていたカメラマンがケガをし、車いすの生活を強いられる。部屋から一歩も出られず暇を持て余した彼は、隣人の生活をのぞき見る楽しさを覚える。ある日、ケンカの絶えない夫婦の妻がこつ然と姿を消す。夫の行動に不審を抱いた彼は警察に相談するが……。物語は1セットで展開されるが、構成とカメラワークが秀逸で視聴者はスクリーンとの一体感さえ感じら…

    ネット上の声

    グレース・ケリーはゴージャスですが・・・
    子供だまし映画、馬鹿馬鹿しくて恐怖感も緊張感も感じない
    物語の良さとグレース・ケリーの可憐さが光る
    画面構成が秀逸
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ジェームズ・スチュワート
    9
  10. 海外特派員

    海外特派員
    評価:A3.90
    ドイツの台頭で戦争の危機が迫っていた1939年、ニューヨークの新聞記者ジョニーは欧州へ派遣される。戦争回避のキーマンである大物政治家を追いやってきたアムステルダムで、暗殺現場に遭遇。犯人を追跡し、意外な事実を突き止めたことから彼自身も命を狙われるようになる。美術は「風と共に去りぬ」で知られるウィリアム・キャメロン・メンジーズ。150万ドルの製作費を投じ、大掛かりなセットのもと撮影された。飛行機の…

    ネット上の声

    ヒッチコックのベスト!
    面白かったけど、見ていて??の作品だったなあ …
    ヒッチは凄い!
    暗殺は雨の階段で
    製作年:1940
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ジョエル・マクリー
    10
  11. めまい

    めまい
    評価:A3.85
    かつて同僚を転落死させてしまったトラウマから極度の高所恐怖症を患う元刑事ジョン(ジェームズ・スチュワート)の前に、ある日旧友が現れる。昼間から夢遊病者のように不可解な行動を取る旧友の妻マドレイヌ(キム・ノヴァク)の調査を依頼され、ジョンは早速彼女の尾行を始める。そんなある日、彼の目前でマドレイヌは海に身を投げてしまい……。

    ネット上の声

    独自の空気に酔う
    B・ハーマン
    これ以上何を望むのか。
    色褪せぬ天才"アルフレッド・ヒッチコック"
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ジェームズ・スチュワート
    11
  12. 銀嶺の果て

    銀嶺の果て
    評価:A3.82
    「わが青春に悔なし」「素晴らしき日曜日」等の演出者黒澤明の脚本、谷口千吉昇進第一回演出作品。撮影は文化映画「雪の結晶」の瀬川順一が当っている。志村喬、小杉義男、河野秋武の他、ニュー・フェイスの三船敏郎、若山セツコが出演。

    ネット上の声

    三船敏郎デビュー作
    大変なロケ
    みんな若かった
    険しい雪山シーンは見応えアリ
    製作年:1947
    製作国:日本
    監督:谷口千吉
    主演:志村喬
    12
  13. 北北西に進路を取れ

    北北西に進路を取れ
    評価:A3.82
    アルフレッド・ヒッチコック監督の集大成とも言われる巻き込まれ型サスペンス映画の名作。ニューヨークで広告会社を経営するロジャーは、偶然同じ場所に居合わせてしまったためにキャプランという男に間違えられ、謎の組織から追われる羽目に。ロジャーは追われながらも真相を探るべくニューヨークからシカゴ、サウスダコタのラシュモア山まで息もつかせぬ逃走劇を展開する。主演にケイリー・グラント。脚本は「成功の甘き香り」…

    ネット上の声

    有名な作品だが
    何度見ても飽きない内容
    久しぶりのヒッチコック
    ヒッチコック

    今すぐ見れるオンライン視聴

    Google0円
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ケイリー・グラント
    13
  14. 死刑執行人もまた死す

    死刑執行人もまた死す
    評価:B3.81
    第2次大戦中のプラハを舞台に、ナチスに追われるレジスタンスの恐怖を描く。監督は「メトロポリス」のフリッツ・ラング、エグゼクティヴ・プロデューサーはアーノルド・プレスバーガー、原案・脚本はベルトルト・ブレヒトとラングの共同で、脚本のみでジョン・ウェクスリーが参加している。撮影はジェームズ・ウォン・ホウ、音楽はハンス・アイスラーが担当。出演はブライアン・ドンレヴィ、ウォルター・ブレナンほか。オリジナ…

    ネット上の声

    死刑執行人もまた死す
    プロパガンタであると同時に極上の娯楽作品
    スリルとサスペンスのエンタティンメント作品。
    かたやカサブランカ、かたや本作
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:フリッツ・ラング
    主演:ブライアン・ドンレヴィ
    14
  15. 第三の男

    第三の男
    評価:B3.75
    イギリス人作家グレアム・グリーンのオリジナル脚本を名匠キャロル・リードが映画化したフィルムノワール。第2次大戦終戦直後、米英仏ソの四カ国による分割統治下にあったウィーンに親友ハリー・ライムを訪ねてきたアメリカ人作家のホリー。だが、ハリーの家に着くと守衛からハリーは交通事故で死亡したと告げられる。腑に落ちないホリーはウィーン中の関係者をあたり、真相究明に奔走するが……。出演はジョセフ・コットン、ア…

    ネット上の声

    分らなかった・・・▼
    第三の男といえば・・・
    完璧という言葉は、この映画のためにあるのではないか、と思うほどよく出来ている感じありますね。
    追悼 アリダ・ヴァリ
    製作年:1949
    製作国:イギリス
    監督:キャロル・リード
    主演:ジョセフ・コットン
    15

スポンサードリンク